JRバス「ドリームルリエ」に2台目となる新車導入へ、新たに京都にも停車

西日本JRバスとJRバス関東は、大阪〜東京間の夜行高速バス「ドリームルリエ」について、両社それぞれ2台目を新たに導入し、2018年春より1日最大2往復(1往復増便)で運行すると発表しました。新たに京都駅にも停車します。

「ドリームルリエ」とは

ドリームルリエ

「ドリームルリエ」は、2017年3月に運行を開始した「ドリーム号史上、最上のくつろぎ」を提供する夜行高速バスです。2列シートの最上級席「プレシャスクラス」と3列シートの「アドバンスクラス」の2種類の座席で、東京〜大阪間を1日1往復、運行開始から約7,000名以上の利用がありました。

新車両導入、1往復増便

2018年春に両社はそれぞれ2台目の車両を導入することで、1日最大2往復の運行となります。

新車両では2列シートの「プレシャスクラス」が4席から6席へと増席、3列シートの「アドバンスクラス」は14席から10席になります。

“ゆりかご”のような「新型クレイドルシート」や全席1m以上のシートピッチ、パーテーションやプライベートカーテンで仕切られた個室感は継承します。また、充電用コンセント、フリーWi-Fi、トイレ、空気清浄機つきエアコン、スリッパ、毛布、iPad mini4も引き続き標準装備となります。

京都駅に停車

現在は東京(東京駅、バスタ新宿)〜大阪(大阪駅)間の運行のみですが、新たに要望の多かった京都駅にも停車します。

85%が満足

プレスリリースによると、全席設置のタブレット端末による車内アンケートの結果、85%が総合評価で「とても満足」「満足」と答えているとのことです。

運行開始日やダイヤ、運賃は改めて発表される予定です。

現在の運賃(東京〜大阪)は、2列シートの「プレシャスクラス」が大人片道13,000円〜18,000円、3列シートの「アドバンスクラス」が同10,000円〜12,500円(得割利用で8,500円〜11,500円)です。

公式サイトドリームルリエ(ドリーム号公式サイト)
詳細「DREAM Relier(ドリームルリエ)」 2018年春に新車両を導入し1往復増便!(西日本ジェイアールバス/2018年1月10日)

タイトルとURLをコピーしました